ローソク足でトレンドを知るすねかじり

こんにちは、今日はトレンドについて触れていきます。

トレンドとは?
相場状況を把握するのに必要な分析の中で登場する「トレンド」です。
トレンドには下降トレンドと上昇トレンドがあります。

≪下降トレンド≫
安値圏での出現で上昇トレンドへの転換サイン、または、下降トレンドの終息サインとなります。
太線がない「+やT」の形や、太線に対して上ひげがないようなローソク足です。

≪上昇トレンド≫
高値圏での出現で下降トレンドへの転換サイン、または、上昇トレンドの終息サインとなります。
太線がない「+や⊥」の形や、太線に対して下ひげがないようなローソク足です。

このように、ローソク足の分析をすることで、今後の流れがある程度つかめるようになるみたいですね。
はじめは過去を遡りながら、分析の練習をするのがおすすめです。

※ちなみに「絶対」という情報はどこにもありません。
(私もめちゃくちゃ調べましたが、、、)
それでも自分ではどうしてもできない!自信ない!でも稼ぎたい!
って人におすすめなシステムがありました。
「Zulu Trade(ずーるとれーど)」というものです。
これについては次回詳しく説明します。

ではトレンドがわかったらどうしたらいいのか?が本題ですが、、、

≪上昇トレンドの場合≫
上昇トレンドが出現したら、これまでの期間と比較すると、一定期間だけローソク足の位置が上がり始めます。
この場合は「買いポジション」を作ってから、後に「高く売る」チャンスという見方ができますね。

≪下降トレンドの場合≫
下降トレンドが出現したら、これまでの期間と比較すると、一定期間だけローソク足の位置が下がっていきます。
この場合は「売りポジション」を建てることで、後から「買い戻す」ときに、差額の利益を得ることができますね。

そもそも「買い」と「売り」については理解していますか?
私はてっきり「買わないとなにもない」と思っていました。
盲点なのですが、そもそも買わなくても「売り」ポジションを得ることができるので、
いきなり下降トレンドにチャレンジすることができますよ。

「買い」から始めた場合はそれが高値になった時に「売り」をすれば単純に儲けます。
「売り」から始めた場合はそれを「買い戻す」イメージです。
もともと実体のない取引だからこそできることですね。。

では次回はZulu Tradeについてご紹介します。