税金について気になった「法人化」

こんにちは、4月は新年度ということで、自治会で忙しくしていたすねかじりです。
すねをかじるからには、すねをかじり続けるためには、、、、
ご近所トラブルは避けたいので、ある程度YESマンをしていたところ、自治会関連で忙しくしています。

もともと地域の集まりは好きなのですが、なにかと押し付けられやすい性格なようで困りました。。
春になると花壇が雑草であれるので、手入れが必要なんですね。
腰に響きます。

さておき、海外FXについての税金の話は以前まとめましたが、
最近気になるワードが「法人化」です。

社長というイメージしかないので、あまり気にしていなかったのですが、
なんと、誰でも手続きをすれば法人化は可能で、一番の節税効果が期待できるんだとか、、、

これは調べてみる価値がありそうですね!

というわけで、法人化について調べてみました!

法人化=法人口座
法人であることを証明し、法人専用口座にて取引をするだけ!
なんて簡単なのでしょう!

もともとの税率は総合課税=累進課税で所得により税率が変わります。
しかし法人なら一律!
累進課税が15~55%なのに対して法人税は15~22%です。
所得が低いうちには累進課税が良いのがよくわかりますが、
法人化の魅力は「経費計上」にあるみたいですね。

なんと自宅を社宅として経費にできちゃうらしく、自分自身への報酬も経費になります。
つまり、さっぴいたら赤字でした!ってことになりやすく、赤字の場合は「10年間」もマイナス分を繰り越せるらしいんです!

最低の15%の納税で、繰り越し続け、いつか爆発的に儲けた時に相殺する!なんてことも可能。
まぁ、FXで稼げる自身がある場合になりますがね。

そもそもの基礎知識が少ない私には勝算がどの程度なのかもまだわかりません。
そろそろFXの基礎的な知識を得る必要がありますね。

デモ口座というものがあるみたいなので、チャレンジしてみようかな。

次回はデモ口座について触れてみます。